ORESAMA-ism(俺様主義)

大人げない大人の日々の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Panasonic電動アシスト自転車 リチウムビビ・ラッテを買った【感想】

予約していた駅前の駐輪場がようやく空いたので(…1年待ち(-_-;))
前々から欲しかった電動アシスト自転車を物色。

・どうせ買うなら新基準
・リフレッシュ充電とかの手間が不要なリチウムイオンバッテリーがいい
・1本フレームのママチャリは避けたい
・安い自転車はバッテリー容量を小さくしているので避けよう

で選んだ結果、パナソニックの「リチウムビビ・ラッテ(BE-ENDA63G)」に決定。

http://cycle.panasonic.jp/products/electric/enda2/

割引を期待して家電量販店で購入したつもりが、
リアキャリアの取り付けや防犯登録で結局、トータル10万円近い出費に。(T-T)


★良いところ

○初速のアシストが強力で超楽ちん。(さすが新基準)
 速度が25km/h以上になるとアシストがカットされるせいか、
 アシストが有効な速度でのんびり走ることが多くなる。

リチウムビビ・ラッテ ハンドル周り

○ステンレスパーツが多用されていて、質感が高い。
 電動アシストのスイッチをOFFにしても極端にペダルが重くならないし、
 ママチャリ型と比べて自転車自体が2kgくらい軽い。(23.5kg)

リチウムビビ・ラッテ フレーム周り

○若草色のフレームは超少数派で、駐輪場で自分の自転車を見つけやすい。
 5Ahのリチウムイオンバッテリーが装備されていて、
 セット価格が10万円を切る電動アシスト自転車は少ない。(2010年6月時点)

リチウムビビ・ラッテ リアキャリア

○別売りのリアキャリア(NCR1302S)を付けた自転車の画像。
 二人乗りとかに便利だが、…ママチャリ感が倍増。(^-^;)
 ディンプルキーが採用されていて、防犯面でなんとなく安心できる。


★気になるところ

リチウムビビ・ラッテ+空気入れ

△後輪アシストのせいか、出だしの時にハンドルがフラフラする。(慣れの問題か?)
 アシストが弱いかな?というときは、たいがいタイヤの空気が抜けている。
 タイヤのサイドが固くなるくらいに空気を入れれば元通り。

リチウムビビ・ラッテ

ステンレスパーツが多用されているため質感が高く、
バッテリーやケーブルがライトグレーで統一されていて、
グリップとサドルのブラウン色と、若草色のフレーム色が調和して、
男女どちらが乗っても華がある、良くできた電動アシスト自転車だと思う。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。