ORESAMA-ism(俺様主義)

大人げない大人の日々の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道下見旅行(3日目。富良野)

旭川の日本酒「男山」の酒造り資料館へ行きたかったが、
車で行くと、がっつり日本酒を試飲できないので次回に延期。

男山酒造り資料館
http://www.otokoyama.com/index2.html
旭川市永山2条7丁目1番33号
0166-47-7080
9:00~17:00

ワイン土産を買うため、ふらのワイン工場へ行く。旭川から富良野方面へ移動。

ふらのワイン工場 外観
富良野市ぶどう果樹研究所
http://www.furanowine.jp/
富良野市清水山
0167-22-3242
9:00~16:30

ふらのワイン工場 貯蔵庫
仕込みの時期ではないので、工場でなく貯蔵庫という感じ。

食品工場のようなものを期待したらしき観光客ががっかりして帰っていった。
試飲コーナーには、赤、白、ぶどう果汁、工場限定ワイン(赤)があった。

赤と白は際だった特徴がない、ステレオタイプな風味。
工場限定ワイン(赤)は酸味を抑えた穏やかな飲み口。若いバレルふらの?

土産の依頼主はワインにハマり始めの楽しい時期なので、
敷居が低くて飲み比べが楽しそうな「バレルふらの」「工場限定ワイン」を購入。
購入時に飛行機で持って帰る事を伝えると、プチプチで包んでくれた。感謝。

ファーム富田へ行き、7月上旬の早咲きラベンダーを見た。…3分咲き。

ファーム富田 ラベンダー畑

今日(7/21)が満開とYahoo!ニュースに出ていた。

ファーム富田 お花畑1

ファーム富田 お花畑2

外国人観光客が多く、中国語とタイ語が飛び交う。韓国語は少ない気がした。

ファーム富田
http://www.farm-tomita.co.jp/
空知郡中富良野町基線北15号
0167-39-3939
9:00~16:30

富良野の無人駅
移動途中の無人駅

富良野 ジェットコースターの道
ジェットコースターの路
43.532761 142.441208

就実の丘
43.630441 142.49701

1日目に行けなかったラーメン屋へ再度訪問。
閉店時間がマジックで消してあった。。。早めに行くが吉。

ひまわり大雪通店メニュー
ひまわり大雪通店
http://tabelog.com/hokkaido/A0104/A010401/1002587/
北海道旭川市大雪通3 特一ビル 1F
11:00~15:00閉店時間不定
17:00~20:00閉店時間不定
0166-25-8780

ひまわり大雪通店 モルメン辛いの
モルメン辛いの+小ライス

濃くて辛くてうまい。首都圏に無い旭川ラーメンを堪能できた。来て良かった。

食後の余韻を楽しむ間もなく、旭川空港へ直行。
レンタカーを返却して、最終の羽田行きの飛行機に乗って帰宅。

どこに時間を使って、どこを手短にすべきかを予習できた。また来るぜ北海道。

北海道下見旅行(1日目)
北海道下見旅行(1日目。余市蒸留所編)
北海道下見旅行(2日目。海鮮丼)
北海道下見旅行(2日目。ジンギスカン)
北海道下見旅行(3日目。富良野)
スポンサーサイト

北海道下見旅行(2日目。ジンギスカン)

羽幌町から士別町へ移動。道中に立ち寄れるコンビニ、ガソリンスタンドは無い。
カーナビが旭川→羽幌町を、士別町経由ではなく遠回りな海岸沿いを案内するのは
ドライバーの利便性を重視したのかも。

トイレを我慢(笑)しつつ、羊と雲の丘に到着。

羊と雲の丘公式ホームページ
http://www7.ocn.ne.jp/~kumo1129/
北海道士別市西士別町5351
0165-22-2991
夏季11:00~18:30
冬季11:00~17:30

羊飼いの家
羊飼いの家

高台にあり、景色が非常に良い。裏手?に放牧場があり、…遠くに羊がいる。

羊と雲の丘 放牧場
放牧場

入場無料。えさはセルフで100円。脱走防止のためか、出入口が知恵の輪っぽい。
…カラスがやたらにいる。餌目当てか?羊を襲うのか?((( ;゜ Д ゜)))

羊と雲の丘 羊の風景1

柵に沿って歩いて行く。いい景色。
草原は羊のフンだらけ。足下を見て歩かないと高確率で踏む。

羊と雲の丘 羊の風景2

羊と雲の丘 羊の風景3

牧歌的な風景を満喫し、ジンギスカンを食らう。夕方(16時)なので貸し切り状態。

羊飼いの家 士別産ラム肉定食
士別産ラム肉定食 2000円

羊肉の臭みは無く、脂身が甘くて美味。
外にBBQハウスがある。人数が集まったらBBQも視野に入れよう。

旭川に戻り、ビジネスホテルに宿泊。有休を取った。月曜日も休む。
3日目に続く。

北海道下見旅行(1日目)
北海道下見旅行(1日目。余市蒸留所編)
北海道下見旅行(2日目。海鮮丼)
北海道下見旅行(2日目。ジンギスカン)
北海道下見旅行(3日目。富良野)

北海道下見旅行(2日目。海鮮丼)

ホテルの朝食バイキングを3人前くらい食べる。
朝食後、大浴場のサウナで汗を流す。
入浴後、チェックアウト時間前まで寝る。

一生懸命観光しなくていい旅行は楽しい。

レンタカーを2日間借りた。車はマツダデミオの現行型。
座ったときのシートの柔らかさが好印象だが、長時間運転するとケツが痛くなる。
シートも走りも旧モデルの方が上。コストダウンの悪影響だろうか?

キリンガラナ
北海道限定炭酸飲料 キリンガラナ

カーナビに指示された通りに羽幌町の「北のにしん屋さん」へ海鮮丼を食いに行く。
深川留萌(ふかがわるもい)自動車道経由の遠回りな案内。士別町経由の近道案内は無し。
海岸沿いのルートは初めてなので、言いなりに走ってみる。

羽幌町 北のにしん屋さん
http://tabelog.com/hokkaido/A0109/A010905/1009269/
苫前郡羽幌町栄町89
0164-62-5671
11:00~15:00

現地へ着いたのがお昼時。運悪くツーリングライダー軍団の後で1時間待ち。
…近所のスーパーでビールを、店の売店でたこ焼き風と棒状の練り物を買う。

サッポロクラッシックと練り物
北海道限定 サッポロクラッシック

ビールと練り物を食しながら待つ。。。

北のにしん屋さん「羽幌丼」
羽幌丼(はぼろどん)中丼

ウニ山盛りイクラ山盛りといったインパクト命の観光客向けでない、地元の魚の丼。
お客さんが多かったので長っ尻せず、食べ終わった食器を返却口へ。

北のにしん屋さん自販機 ( 2013/07 )
2013年7月上旬の自販機を撮影。限定食は12時時点で全て売り切れ。

値付けを見ていると、食べ物をシェアすることに抵抗が無い人と行って
小さい丼を複数オーダーして色々食べると楽しそう。当然残さず全部食う。

次なる目的地、士別町へ向かう。続く。

北海道下見旅行(1日目)
北海道下見旅行(1日目。余市蒸留所編)
北海道下見旅行(2日目。海鮮丼)
北海道下見旅行(2日目。ジンギスカン)
北海道下見旅行(3日目。富良野)

北海道下見旅行(1日目。余市蒸留所編)

ニッカウイスキー余市蒸留所を見学。

ニッカウイスキー余市蒸留所正門
正門は歴史を感じる佇まい。

ニッカウイスキー余市蒸留所
http://www.nikka.com/reason/introduction/yoichi/index.html

正門受付のお姉さんに「ガイド付き見学が良いですか?フリーが良いですか?」
と聞かれ、フリーを選択。試飲と原酒の購入が目的ですから。

ニッカウイスキー余市蒸留所 ニッカ会館
寄り道すること無く(笑)、無料試飲のできるニッカ会館へ直行。

10年物、17年物、りんごワイン
左から、10年物、17年物、リンゴワイン、の順。

10年物はステレオタイプなウイスキーの余韻(後味)。
17年物はシェリー樽の角が取れた余韻(10年物との違いが分かりやすい)。
リンゴワインは甘かった(氷で薄めてちょうどいい)。

100%リンゴジュースもあった。フレッシュな味わい。水もおいしい。

ニッカウイスキー余市蒸留所 ウイスキー博物館

ウイスキー博物館奥の「ウイスキー倶楽部」で、何と25年物が試飲できる(有料)。
15年物(500円)、20年物(700円)、25年物(900円)の3種類を試飲した。

1本10万円以上して不思議は無い、25年物の原酒が900円で試飲できるのは超破格値。

各年代物をストレートで15mlずつと、チェイサーの水が提供される呑み方。
25年物が一番色が薄く、それをバーテンダーさんに尋ねると丁寧に答えてくれた。

15年物だけシェリー樽で唯一味わいが異なり、時系列に変化を比べられなかった。
ウイスキーを呑み比べしすぎて酔っ払い、冷静にジャッジできなくなったため、
原酒購入は次回に持ち越し。次回は呑まれないようにしよう。

ニッカウイスキー余市蒸留所 蒸留棟

ニッカウイスキー余市蒸留所 火入れ

蒸留棟に行くと、職員さんが石炭を投入していた。お疲れさまです。

ニッカウイスキー余市蒸留所 発酵棟

ニッカウイスキー余市蒸留所 粉砕・糖化棟

ここは日本?と思える佇まいを楽しみ、余市蒸留所を後にした。

余市駅。次の電車まで1時間半待ち。高速バスならば待たない。バスで札幌へ。

札幌のホテルは満室だったので、旭川のホテルを予約済。
札幌→旭川は、特急が80分で4170円(自由席)。高速バスが125分で2000円。
急ぐ用ではないし、浮いたお金を呑み代に回したいので高速バスで旭川へ。

ポールショップカフェ エスタ店のごまネギチャーシューサンド

バスターミナル地下のポールショップカフェ エスタ店 ( 7:30~20:30 ) で
アイスコーヒー+ごまネギチャーシューのサンドセットをテイクアウトで購入。
580円。コーヒーもサンドも安くておいしい。

旭川に到着。大浴場があるビジネスホテルにチェックイン。
お目当てのラーメン屋へ行くと、閉店時間を待たずに早じまいしていた(涙)。

2日目に続く。

北海道下見旅行(1日目)
北海道下見旅行(1日目。余市蒸留所編)
北海道下見旅行(2日目。海鮮丼)
北海道下見旅行(2日目。ジンギスカン)
北海道下見旅行(3日目。富良野)

北海道下見旅行(1日目)

有効期限が6月末の旅行券をいただいたので、
無理矢理スケジュールを組んで北海道へ行ってきた。

初日の土曜日の目的地は、ニッカウイスキー余市蒸留所。

飲酒するのでレンタカーで行けない。電車かバスの二者択一。…電車。
北海道で電車1本乗り遅れると、ロスする時間が半端ないので早め早めに行動。

昼食に何を食べるか悩む。
食べログ上位の柿崎商店で海鮮丼を考えたが、…嫌な予感がする。
結局、柿崎商店へ行かずに日本最北端のラーメン二郎札幌店へ行った。

ラーメン二郎札幌店
ラーメン二郎 札幌店
札幌市北区北六条西8-8-11
月~金 11:00~14:00 17:30~20:30
土 11:00~15:00

少し並んで、開店直後の1ロット目を食することが出来た。

ラーメン二郎(小豚ヤサイニンニクカラメ)
小豚 ヤサイニンニクカラメ 750円

レンゲ無し。カラメダレ無し。唐辛子胡椒あり。量は目黒店と同じくらい(=少ない)。
麺半分でオーダーしていた女子客がいたし、少ないくらいがちょうどいいのかも。
優しい味の二郎という評判に激しく同意。来て良かった。次回は大にする(笑)。

食事を終え、札幌駅で小樽行きの電車を待っていると寝台列車がいた。北斗星だ。

北斗星(前方、札幌駅)
ディーゼル列車2両連結がかっこいい。

函館本線(余市駅)
小樽駅でローカル線に乗り継いで余市駅に到着。

余市駅表札
Suica, PASMOなどのICカードに駅が非対応。余市へ行くときは切符を買うべし。

柿崎商店は行列。。。
柿崎商店へ行くと、嫌な予感的中の行列(土曜日の12:48時点)。

余市 柿崎商店 海鮮工房
http://tabelog.com/hokkaido/A0106/A010602/1000224/
余市郡余市町黒川町7-25
0135-22-3354
10:00~19:00

徒歩で行ける距離にコンビニは無い。
行列に並んだら、1時間以上を無駄に費やしたであろう。
ということで、念願の余市蒸留所に到着。\(^o^)/

ニッカウイスキー余市蒸留所 正門

長くなったので一区切り。余市蒸留所編に続く。

北海道下見旅行(1日目)
北海道下見旅行(1日目。余市蒸留所編)
北海道下見旅行(2日目。海鮮丼)
北海道下見旅行(2日目。ジンギスカン)
北海道下見旅行(3日目。富良野)

芋焼酎買い出しツアー(2008年7月) in 草枕温泉(長崎→熊本→鹿児島)

佐賀から多比良港に到着。有明フェリーに乗船。
有明フェリーのホームページへのリンク

多比良港→長洲港を40分で結ぶ、地域の物流フェリー。出船本数が多く、
乗船料金もリーズナブルで、長崎→熊本へショートカットするのに便利。

有明フェリーから見た多比良港

有明フェリーから見た多比良港。

SoftBank 912TのカメラはCMOSなのに発色が良く、28mm広角レンズなので広く撮影できる。
シャープのV604SHのCCDカメラは、明るい被写体を撮影するとスミアが出まくって大変だった。
V604SHだと、画像左下のステンレスの手すりの光で確実にスミアが出た。(^-^;)

有明フェリー多比良港を出港

有明フェリー多比良港を出港!

有明フェリー長洲港に到着

有明フェリー長洲港に到着。

まだ午後3時。雲仙の香りを落としてから鹿児島へ行こう…ということで、
道中にある温泉「草枕温泉てんすい」に立ち寄った。

草枕温泉てんすい外観

草枕温泉てんすいのホームページへのリンク
熊本県玉名市天水町小天511-1
0968-82-4500

地域の健康ランド的な温泉で、シャンプーやボディーソープを完備しているし
(小さいけれど)サウナや水風呂もある。ここの売りは有明海を一望できる絶景。

草枕温泉てんすい露天風呂その1

草枕温泉てんすい露天風呂その1

草枕温泉てんすい露天風呂その2

草枕温泉てんすい露天風呂その2

夕暮れ時には、露天風呂から夕日が沈む有明海を見ながら贅沢な時間を過ごせるが
そんなことをやっていたら鹿児島で飲みに行けなくなるwので、早々に退散。

草枕温泉てんすい風呂上がりの牛乳

その前に、風呂上がりの牛乳で一服。おぉ成分無調整だ。うま~い。

ETCカード2枚差し技を使い、御船IC→人吉IC、人吉IC→鹿児島ICを乗り降りして通勤割で
鹿児島へ到着。宿はいつもの東横イン。チェックイン後、市電で郊外の居酒屋へ。

今回で3回目くらいのはずだが、居酒屋のおばちゃんに覚えられていた。。。
ここに限らず、俺様は目立つ人なので、小説を読みながらカウンターでメシを食って
地味に呑んでいても覚えられる。…悪いことはできないwww

市電の終電で交通局前駅まで乗って、天文館まで歩いて帰った。そんなに遠くない。
まだまだ続く。

芋焼酎買い出しツアー(2008年7月) in 多比良町(長崎&佐賀)

雲仙から山道を下って、サッカー強豪校として超有名な国見高校前を横切り、
島原街道を島原方面へ少し走ると、ステーキハウス綱政(こうせい)があります。

ステーキハウス綱政(こうせい)外観

ステーキハウス綱政(こうせい)
長崎県雲仙市国見町多比良甲110
0957-78-3003

平日の昼間に来た(来れた)のは初めて。(^~^) 1030円のランチを食らう。

無地のTシャツにジーパンという観光客に見えない格好のせいか、選択の余地無く
「カットにしますか?1枚肉にしますか?」と店のおばちゃんに聞かれる。(^~^;)
ランチは形にこだわらないほうがお得なので、「カットで」と答える。(即決!)

ステーキハウス綱政のランチ

ランチステーキ(カット)は結構なボリューム。うま~い。
後から来た地元の会社員が「ライス大盛り」オーダーをしていた。
俺様も大盛りにすればよかった。。。

平日の11時~14時までだが、
ステーキ、オニオンスライスサラダ、ライス、コーヒー付きで1030円は安~い。

ステーキハウス綱政のディナーコース(ヒレ)

前に下見に来たときのディナーコース(3465円)の画像があったので参考までに。
ヒレです。肉質は文句なし。今思えば、5250円の方も頼めばよかった。。。(後悔)

そういえば、島原は長崎県だ。…ということで、綱政前でくーまんを撮影。

くーまん in 長崎(グラバー邸?)
くーまん in 長崎

ここから佐賀県は近いはず。海沿いを西へ。これが悪名高い諫早湾の干拓事業地か。
諫早の手前で長崎空港方面へ行くか、肥前大浦方面へ行くか悩む…肥前大浦へ。
912TのGPSが佐賀県をキャッチしたので撮影。

くーまん in 佐賀(吉野ヶ里遺跡(よしのがりいせき)?)
くーまん in 佐賀

佐賀県を通って鹿児島へ行くか、島原方面へ戻ってフェリーに乗るか悩む。
…桜島フェリーの代金をケチって懲りた経験(藁)があるので、島原方面へ戻る。
(画像はたくさんあるので)まだまだ続く。

芋焼酎買い出しツアー(2008年7月) in 雲仙(長崎)

横浜→熊本間の1200kmを1日で走って一泊し、フェリーに乗って雲仙へ行きました。
画像ばかりで内容が無いよう。。。

熊本フェリーのオーシャンアロー

熊本港から熊本フェリーのオーシャンアローに乗って島原半島へ。
熊本フェリーのホームページへのリンク

30分で島原へ行ける観光フェリーのせいか、料金は高め。
物流だけを考えると、長崎や佐賀へアクセスしやすい有明フェリーのほうが便利だから
熊本→島原間は観光フェリー(サービス)に特化するのが正解だと思う。

オーシャンアローでアイスコーヒー

乗船チケットの半券で船内のアイスコーヒーが100円になった(KEY COFFEE協賛との事(^-^))。
島原外港に到着し、コペンをオープン(・∀・)にして、雲仙の小地獄温泉館へ向かった。

雲仙 小地獄温泉館 その1

雲仙小地獄温泉館の外観(雲仙小地獄温泉館へのリンク

雲仙 小地獄温泉館 その2

ここは夜9時まで営業しているが、以前、夕食後に雲仙の温泉宿から歩いていこうとしたら

(給仕)夜は野犬が出るから徒歩はやめときなさい
(俺様)ヤケンってナンデスカ??
(給仕)野山にいる犬のことですよ
(俺様)野山にいる犬…ぉぉ、銀牙伝説WEEDの世界がここにあるんか!


と諭されて、妙に感動したのが印象に残っている。…ご用心ご用心w

雲仙 小地獄温泉館 平日は貸し切り気分

平日の午前中ということもあり、打たせ湯にいたおっちゃんと俺様の二人きり状態。
白濁色の源泉掛け流しで泉質サイコーです。

雲仙 小地獄温泉館 いい湯だな~♪

お湯に落としたら携帯電話は即死だろうな…と思いながら撮影。お湯はやや熱め。

雲仙 小地獄温泉館 天井方向

天井方向を撮影。シャワー完備だが石けん以外の備品は無い。
湯の花(硫黄の香り)を楽しみに来る場所だから、石けんで十分。
ここでボディーソープやコンディショナーの香りを漂わせるのは、KYというか…無粋だ。

雲仙 小地獄温泉館 湯上がりのコーヒー牛乳

湯上がりのコーヒー牛乳。うまいっす。

コペンをオ~プンw

使った手ぬぐいを自然乾燥。生活臭を感じさせるオープンカーの使い方www

雲仙地獄

観光名所の雲仙地獄の横断歩道前で撮影。
雲仙を下って昼食をとりました。続く。

芋焼酎買い出しツアー(2008年7月) in 九州

酒が切れた。…ということで、先日、芋焼酎を買い出しに行ってきました。

普段は「JTBきまま九州」などのフリープランを組んで飛行機で出かけますが、
「コペンに乗って1000km以上走るのは、どれくらいツライ事なのか」を確かめるため、
横浜から自走してみました。(^~^;)

霧島山脈をバックにコペンを撮影(in 霧島サービスエリア)
ダイハツ コペン 側面画像

前と後ろの違いがよく分からないwコペンの背面を撮影(in 霧島サービスエリア)
ダイハツ コペン 背面画像

コペンへの愛が薄いせいか、車の画像はコレしかありません。。。

横浜→鹿児島間は、高速道路だけを走っても1400kmくらいあるので、
熊本まで1200km走って一泊して、近辺を観光してから酒屋へ行きました。
レカロシートのおかげか、思ったほど疲れずに熊本まで行けました。(^~^)

今使っている携帯電話(SoftBank 912T)にはGPSが搭載されていて、
位置情報と連動して、各都道府県の名所?を背景に「くーまん」を撮影できます。
うさぎの着ぐるみを着た「くーまん」で撮影しました。まずは通過しただけの福岡県w

くーまん in 福岡(福岡タワー?)
くーまん in 福岡

飛行機でスキップしている佐賀県と宮崎県で撮影できるのは、最初で最後のチャンスかも。
…気合注入でふwww

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。